外国為替を知る

イメージ

外国為替市場

外国為替市場は、外国為替取引が行われる場の総称で、非常に効率的な市場(マーケット)になっています。世界中どこでも、同じ商品(通貨)をいつでも売買でき、またメジャーカレンシーについては、規制がほとんどなく、市場は非常に合理的かつ公正といえます。外国為替市場は、受け渡し(資金決済)の時期によって、「直物市場(スポットマーケット)」と「先物市場(フォワードマーケット)」の2つがあります。普段テレビや新聞などのニュースで目にする為替レートは、インターバンク市場の直物市場のスポットレートを指しています。もう少し詳しく説明すれば、外国為替銀行としての対顧客市場も含まれますが、一般にはより狭義に為替銀行間取引が行われる場を指します。為替銀行の顧客には、商品の輸出入を行う貿易業者を中心に、運賃、保険料、利子・配当金、海外旅行費用などの経常的経済取引や、対外証券投資、対外直接投資、対外貸付け・借入れなど資本取引を行う者があります。外国貨幣の交換を行う両替商も為替銀行の顧客です。為替銀行は、こうした対顧客取引によって生じた外国為替の持高や資金の過不足を調整するため、相互に外国為替の売買を行います。この為替銀行間の取引を銀行間取引といい、その市場を銀行間市場(インターバンク市場)と言います。銀行間市場における取引には、外国為替ブローカー経由で行われるものと、為替銀行が相互に直接取引を行う直取引とがありますが、後者は相互に満足する出合いが限られるため、外国為替ブローカー経由取引が圧倒的に多いです。銀行間取引は、一地域の市場内にとどまらず、広く他の地域あるいは外国の市場においても本支店または外国の取引銀行を通じて活発に行われます。銀行間市場には、政府・中央銀行も参加します。これは、特定の政策目的をもって為替相場に影響を与えるために行われ、この取引は市場介入と呼ばれています。銀行間取引を大別すると、直物取引、先物取引およびスワップ取引に分かれます。直物取引は、取引の対価の受渡しが原則として、取引日の翌々営業日(2営業日目)に行われるものです。先物取引は、対価の受渡しが将来の特定日に行われる取引でありますが、通常直物取引の受渡し日を基準にして、1ヵ月や6ヵ月などの月単位で区切った確定日を受渡し日としています(順月確定日渡し条件)。スワップ取引は、直物取引とその反対方向の先物取引、または受渡し日が異なる相互に反対方向の二つの先物取引を同時に同額、同一の相手方と行うものです。銀行間市場で成り立つ為替相場は、為替銀行の対顧客相場の基準となるが、貿易業者などはこの対顧客相場をいわば与件としてさまざまな対外取引を行い、そこから生じた外国為替の需給が再び銀行間相場に反映されています。銀行間市場は、当事者が毎日特定の場所に集合して外国為替の売買を行う取引所がある場合(ドイツ、イタリア、フランスなど)と、電話・ファックス・電子的媒体(コンピューター回線など)で個々に行う取引を総合した抽象的な場を指す場合(ニューヨーク、ロンドン、東京など)に分かれます。取引所がある国々の銀行間市場でも、取引所取引以外の銀行間取引が活発に行われています。取引所取引で成立する為替相場は、通常為替銀行の小口の対顧客取引の基準相場となります。

固定相場制の落し穴
メタボリックシンドローム予防として健保組合などに義務づけられている「特定健診・特定保健指導」受託機関である鈴木胃腸消化器クリニック

外国為替市場の特色

  • 外国為替市場は、非常に洗練された市場で、以下のような特色があります。
  • 取引所取引ではなく相対取引
  • 取引時間や取引価格の制約はなし
  • 全世界に市場が存在し、高い流動性
  • インサイダー取引はなく、合理的かつ公正
  • 24時間オープンの眠らない市場(取引の中心が次々に移る)

外国為替市場の概況

  • 外国為替市場は、巨額の資金が動く、世界最大の市場になっています。
  • 取引の基軸:世界中の全ての通貨が米ドルを中心に取引
  • 取引の規模:1日あたりの平均取引高は3兆ドル超(2007年4月)
  • 取引の状況:全体の9割以上を投機取引が占める

外国為替市場と他市場との関係

  • 株式市場:その国の株高は、その国の通貨高になることが多い
  • 債券市場:債券価格の下落は、その国の通貨高、中長期では通貨安
  • 商品市場:国によって異なる、特に原油価格は大きな影響あり
FX初心者の窓

外国為替取引を始める

2013 nub.jp